給湯器の主な水漏れの原因と修理

給湯器の主な水漏れの原因と修理 家庭の水周りの中で、比較的トラブルが起こりやすいと言われているのが、家庭用の給湯器と言われています。その理由として、真っ先に挙げられるのは、頻繁に高温の温水にさらされている為、ほかの水周り部分よりも金属パイプやパーツなどの膨張の度合いが激しくなり、排水管 水漏れが起こるなど劣化しやすくなってしまうということが挙げられます。また、給湯器の熱源として、ガスや石油などが使われていることが多く、非常に危険な箇所でもあり、適切な対処が必要となります。

■給湯器の交換時期の目安となるもの

給湯器 交換の目安とされる耐用年数は、設置されている状況や利用頻度にもよりますが、法的には6年程度、メーカーの標準的な使用期間は約10年とされています。こうした給湯器は、ガス式が主流となっていますが、石油や電気式などもある為、メーカーによる定期的なメンテナンスが必要です。給湯器 交換の目安となるものは、利用者が使用していて普段とは違う症状が起きた場合です。具体的には、お湯の温度が設定したお湯よりも低い、あるいは高いなどと温度が一定しない場合です。さらに、給湯器から大きな着火音がする、また自動給湯の場合は、極端に給湯の温度が下がってしまったり、追いだきができないといった症状がみられます。こうした給湯器本体から煙が出る場合は、危険性がかなり高いと判断し、速やかに使用を取りやめ、取扱店などに相談しましょう。また、屋外に給湯器が設置されている場合、常に雨風によって劣化が促進される為、室内に設置しているタイプよりもさらに老朽化は激しくなってしまいます。

■地域によって気をつけておきたい凍結の危険性
給湯器の水漏れは、何も劣化や利用頻度の高さだけで起こり得るものではありません。北海道や東北地方など、冬場に水道管が凍ってしまうような地域であれば、水道 修理を未然に防ぐ為にも、あらかじめ寒冷地仕様タイプの給湯器が取り付けられています。しかし、こうした凍結によって、水道 修理が多いのが関東地方以南と言われています。頻度は低いとはいえ、九州地方であっても、冬場に凍結する可能性がありますので、天気予想などを確認し、凍結する可能性がある場合は、前もって対処しておく必要があるでしょう。凍結することで、膨張した氷によっておこる水道管の破裂は、思ったよりも恐ろしく、水漏れの危険性ばかりではなく、本体そのものが破損してしまう可能性もあります。
     
■そのほかの取り付け工事のミスなどの場合

給湯器の水漏れで、新しく取り付けたばかりなのに、水が漏れてしまうといった症状に見舞われた場合、取り付け工事の際に何らかのミスの可能性が疑われます。専門の取り付け業者は、もちろんプロとして取り付けを行ってくれますが、当然の事ながら熟練のスタッフ以外に新人さんなどもいらっしゃいます。特に、経験の浅い方が施工を行った場合、取り付け時は問題がない場合でも、最終的に水漏れにつながってしまう場合もあるのです。これは、水道 修理なども同様で、取り付け工事を行った後に、こういった症状が現れた際には、速やかに業者の方に水漏れ 修理の連絡を取りましょう。こうした初期の不具合は、そのほとんどが無料修理で改善されることでしょう。また、給湯器の取り付けは、専門業者でなければ行うことが難しいので、自分で取り付けようとはしないことです。

■まとめ
家庭用の給湯器は、お風呂の給湯用やお台所などの食器洗いの際など、日常的に使用していますので、ほとんどのご家庭では一番利用頻度が高いのではないでしょうか。24時間簡単に利用でき、ボタン一つでお湯が出る非常に便利な給湯器ですが、利便性が高いだけに一般の家電製品などと比べて、故障の確率も高いといえます。その為、常日頃から、状態を把握しておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース